ルイボスティはもうウンザリ?

妊婦さんにルイボスティがいいという話もあるのですが、妊娠糖尿病にはどうなんでしょう?

 

ルイボスティは妊娠糖尿病にもおすすめです。

 

ルイボスティを飲み続けて、血糖値が安定してきたという体験談もありました。

そもそもは、赤ちゃんが欲しい夫婦が妊活にいい、ということから飲み続けている人達もいるみたいです。こういった妊娠前の人達にも人気があるんですね。

 

血糖値を下げるはたらきがあるということで、妊娠病の治療にも役立つのではないか、と研究され続けているという話もあります。

 

ティーと言えばお茶、紅茶をさすわけですが、これらにはカフェインが含まれています。ルイボスティにもティがつくわけですが、違いはカフェインゼロ、含まれていないんですね。

カフェインが入っていないということは、妊婦さんが安心してのメル飲み物なんです。

 

現在妊娠糖尿病になっている人には、治療法としてインスリン投与を続けている人もいます。なんとルイボスティには、インスリンと似た働きを持っているピニトールという物質が含まれていて、効果も同じように期待できる、とされているんですね。

アメリカでは、サプリメントとして、このピニトールが販売されているんです。

 

妊娠糖尿病になってもルイボスティを飲んでいれば大丈夫?というわけではないのですが、少なくとも紅茶などのカフェインを飲んでいくものと比べると、断然影響は変わってくるものかと思っています。

 

さらに美容にもよく、気分も落ち着いてストレスを軽減させる感じもするので、あらゆる人に人気なんだと思います。

 

 

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。