妊娠糖尿病の検査の数値を正しく見てみる。

妊娠すると、妊娠糖尿病なのかどうか、という検査があります。

今回はその検査について。

まずは血糖値を調べることになります。血糖値検査といって、これは妊娠初期(初診のとき)と妊娠中期(妊娠24~28週)の時に行います。

 

どちらの検査でも、随時血糖値が100mg/dL以上の結果がでると、75gブドウ糖負荷試験をする必要が出てきます。

 

随時血糖値というのは、食事をしたとかしてないとか全く関係なく、血糖値を測定した時に出た値をいいます。

いつでも、とかだいたい、という感じで、あなたの血糖コントロールの指標に用いられることがあります。

 

 

 

ここであえて解説しますと、血糖とは血の中身が甘くなっていた利するわけではありません。
自分で食べたご飯とかパンや麺類などの炭水化物が体内に入ることによってできるブドウ糖のことをいいます。

血糖値検査というのは血液の中のブドウ糖がどれくらい含まれているかを測る検査なのです。

 

 

●どういったことをするのか?
妊娠初期のころに行う検査は、問診と検尿、そして随時血糖値測定です。

そして、妊娠中期の頃には随時血糖値測定をして、その後50gブドウ糖チャレンジテストと言うものを行います。
このチャレンジテストの1時間後の血糖値が140mg/dL以上の場合でも75gブドウ糖負荷試験をする必要があります。

 

●75gブドウ糖負荷試験とは?
これは、75gのブドウ糖を、飲む前と飲んでから1時間経過後、さらに1時間後と合計3回、血糖値を測定することになります。

ちょっときびしいのかもしれませんが、このうち1つでも基準値を超えてしまった場合は、妊娠糖尿病という診断結果が出てしまうのです。

 

■まとめると
75gブドウ糖負荷試験による妊娠糖尿病の診断基準
・空腹時血糖値 → 92mg/dL以上
・負荷後1時間値 → 180mg/dL以上
・負荷後2時間値 → 153mg/dL以上
(以上の3項目中)1項目でも当てはまると
→ 妊娠糖尿病という診断結果に

 

 

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。