妊娠糖尿病患者の赤ちゃん

妊娠糖尿病になると、怖いのはやはり赤ちゃんへの影響です。
どういった影響があるのか、それを防ぐためにはどういったことをやっていけばいいのでしょうか。

 

実は赤ちゃんだけでなく、母体であるあなたにも影響があることがあります。

 

赤ちゃんの方への影響としては、先天奇形というものがあります。
妊娠初期に妊娠糖尿病になってしまうと、血糖のコントロールが良くない影響で先天奇形になりやすくなるとされています。
これがどういったものなのか、というとあらゆる器官で発生してしまう可能性があります。

 

○巨大児
数字的な定義としては、赤ちゃんの体重が4000g以上あったときのことをいいます。
→ 妊娠糖尿病の症状と原因が意外

○胎児ジストレス
別名:胎児仮死。

○子宮内発育遅延

◆産まれた後にもいろいろと不安が残ります。◆

○多血症
赤血球の割街が増えすぎる状況になるということです。この多血症がひどいことになると、血液が

○低血糖症

○高ビリルビン血症

○低カルシウム血症
血液の中のカルシウムの量が極端に少なくなっていること。
脳国速やチアノーゼ、無呼吸などいろいろと支障をきたすようになってきます。

まとめ
どれもかからないともいえないし、どれも掛かる可能性だってあるんです。
できることなら、今のうちになくせるリスクはなくしておくほうが無難ではあると思うのです。

 

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。