食べていいものを調べてみる

妊娠糖尿病になったら、食べていいものって何でしょうか?

食後に血糖値が上がるものを避けるようにしましょう。

 

食べ物の良し悪しの判断は、GI値が基準となります。
GI値は、(グリセミック・インデックス)という体内で糖に変わって血糖値が上昇するスピードを測ったものが基準となって判断されていきます。

これは食べ物によって変わってきます。ダイエットの基準値としても用いられることがあります。

このGI値が高いものほど血糖値が上がりやすい食べ物となってきます。

ということはできるだけGI値の低い食べ物を中心に食事を食べていくとよいということになります。

しかし、あれもダメ、これもダメ、となると食べるものが本当に限られてきます。

トータル的には、バランスをとることが大事なので、いろんな栄養素を摂取していく必要もります。これが、なかなか難しいと考えるかもしれません。しかし、大体は普通の和食で充分な場合がほとんどです。

ただし、いつもの和食と違うのはちゃんとカロリーを計算して、調理や味付けを行っていくことが肝心です。

 

最近は健康志向な食べ物に需要があり、種類がたくさん出てきています。そういったおやつなども、ドラッグストアで積極的に売り出されているのをよく目にします。間食のおやつなどに低糖のものを食べていくと良いと思います。

 

濃い味が好き

できるだけ味が濃いものは、避けるようにしましょう。基本は、味が薄いものを食べるように。

味が濃い、という時点で、ご飯が進んでしまうおそれも。

 

 

 

妊娠糖尿病になって食べてダメなものってなんでしょう?

 

食べ物の影響が強いぶん、何を食べていいのかわからなくなってきますよね。
この際食べてダメなものって何なんでしょう?

 

おそらくお医者さんに聞いていると思いますが、これまでずっと食べてきていたご飯はNGになると思います。

白ご飯はGI値が81ということで、非常に高いんです。なので、真っ先に「やめさない」と言われるものなんですね。

お米の代わりに雑穀米や玄米が進められると思います。

→ 雑穀米で決める

 

だったらパンがいいのか、というとそういうわけでもなく、ダメなパンもあります。フランスパンのGI値は93とこちらも高めなんです。
パンであればライ麦パンなんかだと58のGI値なので、食べるのであればライ麦パンや小麦全粒粉パンをオススメします。

低血糖のパンは最近ちょいちょいでてきているので、

 

ラーメンとか麺類はどうでしょう?やっぱりラーメンとかよくないですよねって思うかもしれませんが、ラーメンよりもGI値が高いものがあったんです。

それは”うどん”。

ラーメンのGI値は73。うどんのGI値は85。

 

サラッとしていて血糖値とか低そうだし大丈夫だろうと思っていたら、全くの逆だったんですね。
せいぜいそばとかパスタにしておくのがよいですね。
パスタ:65、そば:55、という値になっています。

 

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。