ウテメリンってなんだか矛盾していない?って思ったあなた

妊娠糖尿病でウテメリンは問題ないのでしょうか?

ちょっと合併症とか副作用とか心配になってきますが、この辺のバランスというのは非常に微妙だと思いますので、かかりつけの産婦人科の医師に相談しながら、続けるのかやめるのかということを決めていくようにしましょうか。

そもそもウテメリンとは切迫早産や流産などを回避するための薬として、点滴や錠剤としてあります。このウテメリンによって下腹部の痛みを取って子宮の収縮を防ぎ、正常な状態に戻すはたらきをさせるんですね。

比較的かるいものは錠剤、そうでなくて割りと緊急性の高いものは注射で投与されます。

副作用としては、交感神経を刺激して、副交感神経を抑制するというものなので、これは人によっては同期や脈が早くなるなんてこともありえます。
また顔が赤くなったり、吐き気をもよおしたり、手の震えなんかもあるかもしれません。

ウテメリンにはブドウ糖が入っているので、妊娠糖尿病の人にはなんともいいきれないもどかしさが出てくるかと思います。

妊娠第何週かにもよるのですが、まずは切迫早産や流産を防ぐということであればウテメリンの投与が優先されるでしょう。

問題ないのか、というとなんともいえないのですが、ここは本当にお医者さんに相談されるとよいでしょう。

ウテメリンの分析としてはさまざまなのですが、副作用として、うtメリンを投与することによって、高血糖を引き起こす可能性がある、ということなんですね。

この辺をどう判断されるかにもよるのですが、何をどう優先するのか、今の貴女の状態にもよりますのでネットの情報ばかりが参考になるとも思えません。
※私の意見も然り
妊娠糖尿病の食事:治る?改善メニューで頭に入れておいて欲しいこと

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。