雑穀米で決める

血糖値を抑えるために、雑穀米を食べるという方法もあります。いつも食べている白米を一旦やめて、雑穀米に変えるという方法ですね。

 

白米だと意外と糖分は高いので、かわりに雑穀米を食べるという方法です。雑穀米の場合は糖分が低いので、わりとオススメなんですね。慣れてしまえばそんなものか、ということになるかと思います。

 

家族が嫌がる場合もあるので、白米とブレンドするとか、何回かに一回を雑穀米にするとか、とりあえず理解してもらう必要がありますね。

 

糖分が高くなく、栄養分が豊富でしかもよく噛む必要があるとメリットは多いです。

 

白米よりもビタミンやミネラル、たん白質が多いんですね。食物繊維も豊富で腸内環境も整うでしょう。

お手軽だというのもあるのですが、消化に時間がかかるので、血糖値が抑えられるでしょう。

妊娠糖尿病の予防のためにも、また、妊娠糖尿病になってしまった場合も雑穀米はオススメなんですね。雑穀米だけに限らず、他に玄米でもいいでしょう。

 

しかし、玄米はちょっと・・・って場合もあると思うので徐々に白米に混ぜながらその割合を増やしていくといいと思います。

 

 

ここでがんばっていたとしても、糖分の高いオヤツとか食べていたら同じです。

オヤツの代わりになるようなものを食べていけるといいですよね。その辺はまた別記事で紹介していこうと思います。

雑穀米についてですが、最近ではお弁当屋さんでも白米でなく、雑穀米に変えるオプションなんかもついているところがあります。

健康に気を使っている人とかそういった人に向けてのメニューなんでしょうね。

今日はお弁当にしよう、なんて考えている時にそういったオプションのあるお弁当屋さんで注文できるといいですよね。

一つ考えておくといいと思います。

朝ごはんは気をつけるべき?

 

自分と相談。家族と相談。

妊娠糖尿病になって、血糖値があがらないように、下げていくようにしていく対策が必要となってきます。それには、もちろん家族の理解、自分が誘惑に負けない気持ちが大事。

徹底するのであれば、1日に2食雑穀米があっても良いのでは?ということなんですね。

慣れです。

 

しかし、どれだけ頑張ったとしても、数値が変わらない場合があるかと思います。それはそれで受け入れるしかありません。焦りは禁物です。

焦ってしまうとそれがストレスになってしまうなんてことも。ストレスは血糖値をあげるとされているので、そんなときは、気分転換に、おやつなんかを食べるのも良いでしょう。もちろん低糖のものです。

 

雑穀米をオススメするもう一つの目的とは?

雑穀米には栄養がたくさん含まれているんです。

カロリーや糖質の比重がお米よりも抑えられていて、そのわりにビタミン各種に加え、食物繊維までが豊富なんです。

糖質を抑えるという意味だけでなく、栄養面から見てもメリットが大きいんですね。

反対に、お米、白米などになると、精米にする時に不要である部分が落とされている分、糖質の割合がかなり高くなっているんですね。更に栄養まで落とされているので、雑穀米と比べると劣ってしまいます。

 

 

 

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。