奇形児の不安

妊娠糖尿病になってしまうと、奇形児が生まれてしまうんじゃないかと不安になります。奇形児ば産まれる確率は高くなりますか?

 

 

奇形児が生まれてしまう可能性はあります。

そもそも論という話をしてもあまり意味が無いのかもしれませんが、奇形児をウマないための対策というのは本当は妊娠前からやっておくことが一番いいとされています。

もちろん妊娠してからでも遅くはありません。

 

奇形児が産まれることによってどういったリスクがあるのか。

あなたや家族たちは、どういった生活をしていくのか、ということを考えると、悲観的になってしまいます。

そういったリスクを減らすためにも妊娠糖尿病にはならないように気をつけていくようにしましょう。

 

 

健康な赤ちゃんなのか、奇形児なのかは、妊娠してから7週間前後で決まってくるという話もあるみたいですね。

いつでも健康な赤ちゃんを産めるように、体をしっかりと健康な状態にしておく準備は必要だと感じています。

 

あ、もう7週間過ぎてるや、ということで、開き直るのもいけませんよ。

たんに確率が0ではない、ということだけなので。

あまりに心配なようであれば、普段かよっている産婦人科の先生に相談してみると良いと思います。

 

妊娠糖尿病になってしまう時期にもよるのですが、妊娠後期でなった場合は気をつける必要があります。

ある程度赤ちゃんの発達は進んでいるので、リスクは小さいかもしれませんが、万が一のこともありますし、気を抜かないようにしたいところ。

 

誰しもが奇形児を望んでいるわけではありません。

しっかりと、元気で健康な赤ちゃんを望むのであれば、その期間は赤ちゃんのためにも、母体であるあなたが健康であるべきなんだと思います。

 

そうするためにはしっかりとした栄養バランスと普段の生活を考えていきましょう。

 

最後の切り札として葉酸サプリがあります。

これは栄養補助食品としてオススメされているのですが、そういった奇形児のことなどを考えていくと、積極的に摂っていくことをオススメします。

葉酸は、赤ちゃんの無脳症や二分脊髄になってしまう確率を減らしてくれる働きをするといわれています。
女性の「うれしい」がたくさん!【Lara Republicの『葉酸サプリ』】
 

 

 

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*