妊娠糖尿病という診断結果について

妊娠糖尿病と判断される根拠ってなんでしょう?

妊娠糖尿病かどうかというのは、妊娠時の検査結果によって、判断されます。
随時血糖値を測っての結果、空腹時に血糖値を測っての結果
あとは、50gブドウ糖負荷試験という方法で診断します。これが陽性となってしまうと、75gブドウ糖負荷試験というものを行って診断します。これで陽性だと、妊娠糖尿腸、ということになってしまうんですね。糖尿病、ということなのですが、意外と尿検査では反応が出ず、血液検査でひかかってしまうなんてこともあるわけです。
妊娠糖尿病=糖尿病ということではないのですが、ほぼほぼ症状は同じとも見られたり、あとは対処方法、食事メニューなんかも低糖で抑えたものにするためのものとか、少量のものとか、そんなかんじになっていきます。

妊娠糖尿病になりやすい人
・肥満、太っている。俗にいうぽっちゃり系。
・家族、わりと近い親族に糖尿病の人がいる。
・35歳以上の高齢妊娠
・妊娠高血圧症候群、羊水過多症の人
という条件があって、このうち1つでも該当すれば可能性はある、ということなんですね。

自分で血糖値を測ることができるキットなんてのもあります。少々手間かもしれませんが、こういうのを使用して、血糖値の推移を記録していくのも対策を練っていくうえでは1つの常用なポイントかと思うんです。

食後2時間後という決まった時間に測ります。これが毎食後なので1日3回とるわけです。あなたの健康状態などにもやり方が変わってくると思います。より性格な対策を練っていくのであれば、マメにお医者さんに相談することです。

食事療法としては分食がオススメです。

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*