妊娠糖尿病の症状と原因が意外

妊娠糖尿病の症状にはどういったことがあるんでしょう?
妊娠糖尿病は、自覚症状がないということがけっこうあります。

検査によって、妊娠糖尿病になってました、と知ることが多いです。
妊娠して、だんだんトイレが近くなってきたなんてこともあります。

ここからもしかして、妊娠糖尿病になってしまっていないか?
と不安がよぎることが有りますが、お腹の中の赤ちゃんが大きくなって、膀胱が圧迫されてしまってそんなに尿を貯めることができなくなってしまったために、トイレが近くなるという可能性も否定できません。

糖尿病と症状が似ているということで、喉が渇きやすくなる、水分を欲するということがあります。
尿が近くなるということに加えて、喉が渇きやすくなる、ということであれば、妊娠糖尿病である可能性は十分に考えられます。

家系に糖尿の人がいる、もしくはあなた自身がぽっちゃり系で糖尿っけがあるのならば、気を抜けません。

みんなで何課食べていた時に、一つだけ余って退席するときとか、一つだけ余って放置してある状態だと、「これ、たべちゃってもいいですかね」と、ついつい手が伸びてしまいます。

赤ちゃんのために、食べなきゃいけない、ということは重々承知なのですが、
それを理由にして食べ過ぎるなんてこともよくありません。

妊娠糖尿病の影響は、赤ちゃんにもあります。
巨大児であったり、低出生体重児だったり、そんな子供が生まれてくる可能性が大きくなります。
死亡のリスクも。

母体であるお母さんのほうでは、妊娠高血糖症候群、羊水過多症というものがあります。
これによって、早産などのリスクがあります。

いろいろと制限があると、ストレスにもなってくるのですが
これもよくありません。解消する方法を探しましょう。

一つの目標に突き進む、ということが好きな人はこれができると思います。

こういった場合のサポートに、サプリメントの摂取をオススメします。
生まれてくる赤ちゃんのリスク軽減にもオススメなんですよ。

安全なサプリとは…

オススメ葉酸サプリ

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*