食事のメニューをどうするか。

このままだと妊娠糖尿病になります。
というふうに言われてしまいました。
どうすればならなくなりますか?

食事療法での改善から入りましょう。

食事で血糖値を抑える、ということです。
豆系のもの、ほうれん草、小松菜、あとは卵を中心にメニューを考えましょう。

基本は植物系ということを覚えておくといいと思います。
植物性蛋白質を食べると、予防になるんですね。

鉄分も欠かせません。
上にも書きましたがほうれん草を積極的に食べていきましょう。
鉄分といえばレバーを思い浮かべる人も少なくないでしょう。
別の記事で詳しく下記ますが、とりすぎも実は良くないんですね。
レバーを食べてはいけない、というわけではないのですが、
食べた場合は、ほうれん草を食べることによってフォローになるので
ぜひ一緒に食べておきましょう。

血縁者に糖尿っけのある人がいると
妊娠糖尿病になる確率は高くなると言われています。
体質として、そのようになっていると考えられるので
それはそれ悲観的になるのではなく、受け入れて
対策をしていきましょう。

妊娠する前までは、色んな物を食べてきたと思います。
それこそ自分の好きなモノを食べてきていたんじゃないでしょうか。

その生活習慣が、招いたものかもしれません。
動物系たん白質をよく食べていた場合は
妊娠糖尿病にかかりやすい、というデータも出ています。

赤ちゃんのため、ということで、たくさん食べる人もいます。
それで妊娠糖尿病にもなる確率も高くなってしまいます。

これまで食べてきていたオヤツを
制限する必要もあります。

食事療法といっても
その障子メニューをキープしていくにはなかなかの労力がいりますし、
毎回制限できるか、というと微妙です。

バランスの良い食事というのは、とても重要です。
それを補助するためにもサプリでの栄養補給をオススメします。

なかでも葉酸サプリがオススメです。

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*