妊娠糖尿病にならないための食事なんてあるんでしょうか?

妊娠糖尿病にならないための食事メニューは何がいいのでしょう?
予防にいい食べ物を知りたいですね。

妊娠糖尿病の予防には
豆、ナッツ、卵、小松菜、ほうれん草を軸としたメニューを
作っていくと良いです。

これは、予防するためにいいとされている食べ物と、
妊娠糖尿病になってしまったときに食べるものと
さほど差はないと思っています。

妊娠糖尿病にならないようにするために
植物性蛋白質の摂取が良いとおすすめされています。
鉄分不足も解消しておきたいところです。
好きなモノばかり食べていると、やっぱり栄養バランスが崩れてしまいます。

鉄分にはレバーなんて言われていますが、
動物性のものということで、あまり摂り過ぎもよくないとされているんですね。

ほうれん草を食べるなりしてバランスを整えておきたいところです。

妊娠糖尿病になる人の確率が高いのは、家族に糖尿病の人がいる場合です。
糖尿病というのは遺伝しやすい病気の一つです。
自分に近い人が糖尿病だとすると、気をつけておいたほうが良さげですよね。

あとはぽっちゃりさんなどの肥満体型の人。
やや肥満も含まれます。もちろん。

これまでは、好きに思ったまま食べたいものを食べてきたと思うんです。
でも妊娠してしまったらそういうわけにも行きません。
しかも妊娠糖尿病になるかもしれないと言われている時くらい我慢したいものです。

糖尿病ということで、糖分の摂取には気をつけたいものです。
分割食などの対方法があるので
早めの検討など対策をねっておいたほうがいいと思います。

まさか自分が!?
なんてことも結構あるので。

オススメ葉酸サプリ

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*