妊娠糖尿病になったらどうしよう…

妊娠していて、気をつけることはいろいろとあります。
その中の一つが妊娠糖尿病です。

血液検査で、妊娠糖尿病になりそうだという申告をされてしまったら
ちょっと焦ってしまいますよね。

そうならないようにいろいろと対策をしていく必要があるわけです。
その一つが、食事療法なんですね。

そもそもなんで妊娠糖尿病になってしまうのか、という原因を知る必要もありますし。
なんとなく気づいてはいたものの、いざ妊娠糖尿病のおそれがあるかもってなると
やっぱりなんというか、ちょっと憂鬱な感じになってしまいますよね。

楽観的に考えたいんですが、お腹の赤ちゃんのことを考えると
そうそう単純でもないのかもしれません。

心配症の旦那の不安要素を一つ増やしてしまうことにも
ちょっとした罪悪感が有ります。

もともとは人よりはちょっと多めに食べる感じでは会ったことは認めます。
今はお腹の赤ちゃんのために食べていた、というつもりだったのですが、
単に自分が食べたかっただけなんですよね。実は。

対策としては、産婦人科医の先生から食事療法がいいという話を頂きました。
まずはカロリーを摂り過ぎないようにしましょう。

できれば、1日に取るカロリーを測るようにして、
それを1600 – 1800kcalにおさまるようにしましょう。

もう一つの方法としては、分割食です。
これまで1日3食だったのを、5回か6回に分けて食べる方法です。

そうすることによって血糖値が上がりにくくなるんですね。

妊娠糖尿病にも

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*