妊娠糖尿病という診断結果について

妊娠糖尿病と判断される根拠ってなんでしょう?

妊娠糖尿病かどうかというのは、妊娠時の検査結果によって、判断されます。
随時血糖値を測っての結果、空腹時に血糖値を測っての結果
あとは、50gブドウ糖負荷試験という方法で診断します。これが陽性となってしまうと、75gブドウ糖負荷試験というものを行って診断します。これで陽性だと、妊娠糖尿腸、ということになってしまうんですね。糖尿病、ということなのですが、意外と尿検査では反応が出ず、血液検査でひかかってしまうなんてこともあるわけです。
妊娠糖尿病=糖尿病ということではないのですが、ほぼほぼ症状は同じとも見られたり、あとは対処方法、食事メニューなんかも低糖で抑えたものにするためのものとか、少量のものとか、そんなかんじになっていきます。

妊娠糖尿病になりやすい人
・肥満、太っている。俗にいうぽっちゃり系。
・家族、わりと近い親族に糖尿病の人がいる。
・35歳以上の高齢妊娠
・妊娠高血圧症候群、羊水過多症の人
という条件があって、このうち1つでも該当すれば可能性はある、ということなんですね。

自分で血糖値を測ることができるキットなんてのもあります。少々手間かもしれませんが、こういうのを使用して、血糖値の推移を記録していくのも対策を練っていくうえでは1つの常用なポイントかと思うんです。

食後2時間後という決まった時間に測ります。これが毎食後なので1日3回とるわけです。あなたの健康状態などにもやり方が変わってくると思います。より性格な対策を練っていくのであれば、マメにお医者さんに相談することです。

食事療法としては分食がオススメです。

妊娠糖尿病の症状と原因が意外

妊娠糖尿病の症状にはどういったことがあるんでしょう?
妊娠糖尿病は、自覚症状がないということがけっこうあります。

検査によって、妊娠糖尿病になってました、と知ることが多いです。
妊娠して、だんだんトイレが近くなってきたなんてこともあります。

ここからもしかして、妊娠糖尿病になってしまっていないか?
と不安がよぎることが有りますが、お腹の中の赤ちゃんが大きくなって、膀胱が圧迫されてしまってそんなに尿を貯めることができなくなってしまったために、トイレが近くなるという可能性も否定できません。

糖尿病と症状が似ているということで、喉が渇きやすくなる、水分を欲するということがあります。
尿が近くなるということに加えて、喉が渇きやすくなる、ということであれば、妊娠糖尿病である可能性は十分に考えられます。

家系に糖尿の人がいる、もしくはあなた自身がぽっちゃり系で糖尿っけがあるのならば、気を抜けません。

みんなで何課食べていた時に、一つだけ余って退席するときとか、一つだけ余って放置してある状態だと、「これ、たべちゃってもいいですかね」と、ついつい手が伸びてしまいます。

赤ちゃんのために、食べなきゃいけない、ということは重々承知なのですが、
それを理由にして食べ過ぎるなんてこともよくありません。

妊娠糖尿病の影響は、赤ちゃんにもあります。
巨大児であったり、低出生体重児だったり、そんな子供が生まれてくる可能性が大きくなります。
死亡のリスクも。

母体であるお母さんのほうでは、妊娠高血糖症候群、羊水過多症というものがあります。
これによって、早産などのリスクがあります。

いろいろと制限があると、ストレスにもなってくるのですが
これもよくありません。解消する方法を探しましょう。

一つの目標に突き進む、ということが好きな人はこれができると思います。

こういった場合のサポートに、サプリメントの摂取をオススメします。
生まれてくる赤ちゃんのリスク軽減にもオススメなんですよ。

安全なサプリとは…

オススメ葉酸サプリ

安全なこの葉酸サプリがオススメ

妊娠糖尿病の食事療法って制限もあって
いろいろと大変です。

栄養バランスも考慮して献立を考えていかなければならないとなると
できることはできるのですが、なかなか大変です。

こういう時にこそ栄養補助食品として、サプリがいいと思いますし、おすすめします。
なかでも葉酸サプリの摂取がオススメですよ。

なんといっても厚生労働省が推奨しているくらいですから
相当なものだと、私は思っています。

葉酸サプリといっても種類は豊富です。

私がオススメするのは ”ララリパブリック” という葉酸サプリ。
栄養バランスが摂れていて、植物性の素材を使用しているので
その部分がまず安心でした。
逆に動物性のものはよくないとされていますし、
その辺をいっさい使っていないということで、いいな、と。

後藤真希さんも使用していたとして有名ですね。
元気な赤ちゃんの写真を見ると、
無事に生まれてよかったなぁと思いました。

●ララリパブリックの感想●

効果とか実感とかはありません。

葉酸サプリにそこまで求めるものでもないですし
安全や安心を届けるというものですからそれでいいんです。

妊娠糖尿病になって、栄養バランスのいい食事を摂らなければいけない
となると、それを支援してくれるものが必要だったんです。
それがララリパブリックで、助かりました。

無臭とホームページには書かれていたのですが、
若干匂いはしました。緑っぽいような感じです。(汗)

パッケージデザインがなんともいえない、かわいく馴染みやすいという印象でした。
安全という印象で、キッチンなどにおいておいても
存在感があって、忘れにくいです。

ララリパブリックのおかげかどうかはわかりませんが、
赤ちゃんも私も健康だったってことが何よりの安心でした。

食事のメニューをどうするか。

このままだと妊娠糖尿病になります。
というふうに言われてしまいました。
どうすればならなくなりますか?

食事療法での改善から入りましょう。

食事で血糖値を抑える、ということです。
豆系のもの、ほうれん草、小松菜、あとは卵を中心にメニューを考えましょう。

基本は植物系ということを覚えておくといいと思います。
植物性蛋白質を食べると、予防になるんですね。

鉄分も欠かせません。
上にも書きましたがほうれん草を積極的に食べていきましょう。
鉄分といえばレバーを思い浮かべる人も少なくないでしょう。
別の記事で詳しく下記ますが、とりすぎも実は良くないんですね。
レバーを食べてはいけない、というわけではないのですが、
食べた場合は、ほうれん草を食べることによってフォローになるので
ぜひ一緒に食べておきましょう。

血縁者に糖尿っけのある人がいると
妊娠糖尿病になる確率は高くなると言われています。
体質として、そのようになっていると考えられるので
それはそれ悲観的になるのではなく、受け入れて
対策をしていきましょう。

妊娠する前までは、色んな物を食べてきたと思います。
それこそ自分の好きなモノを食べてきていたんじゃないでしょうか。

その生活習慣が、招いたものかもしれません。
動物系たん白質をよく食べていた場合は
妊娠糖尿病にかかりやすい、というデータも出ています。

赤ちゃんのため、ということで、たくさん食べる人もいます。
それで妊娠糖尿病にもなる確率も高くなってしまいます。

これまで食べてきていたオヤツを
制限する必要もあります。

食事療法といっても
その障子メニューをキープしていくにはなかなかの労力がいりますし、
毎回制限できるか、というと微妙です。

バランスの良い食事というのは、とても重要です。
それを補助するためにもサプリでの栄養補給をオススメします。

なかでも葉酸サプリがオススメです。

妊娠糖尿病にならないための食事なんてあるんでしょうか?

妊娠糖尿病にならないための食事メニューは何がいいのでしょう?
予防にいい食べ物を知りたいですね。

妊娠糖尿病の予防には
豆、ナッツ、卵、小松菜、ほうれん草を軸としたメニューを
作っていくと良いです。

これは、予防するためにいいとされている食べ物と、
妊娠糖尿病になってしまったときに食べるものと
さほど差はないと思っています。

妊娠糖尿病にならないようにするために
植物性蛋白質の摂取が良いとおすすめされています。
鉄分不足も解消しておきたいところです。
好きなモノばかり食べていると、やっぱり栄養バランスが崩れてしまいます。

鉄分にはレバーなんて言われていますが、
動物性のものということで、あまり摂り過ぎもよくないとされているんですね。

ほうれん草を食べるなりしてバランスを整えておきたいところです。

妊娠糖尿病になる人の確率が高いのは、家族に糖尿病の人がいる場合です。
糖尿病というのは遺伝しやすい病気の一つです。
自分に近い人が糖尿病だとすると、気をつけておいたほうが良さげですよね。

あとはぽっちゃりさんなどの肥満体型の人。
やや肥満も含まれます。もちろん。

これまでは、好きに思ったまま食べたいものを食べてきたと思うんです。
でも妊娠してしまったらそういうわけにも行きません。
しかも妊娠糖尿病になるかもしれないと言われている時くらい我慢したいものです。

糖尿病ということで、糖分の摂取には気をつけたいものです。
分割食などの対方法があるので
早めの検討など対策をねっておいたほうがいいと思います。

まさか自分が!?
なんてことも結構あるので。

オススメ葉酸サプリ

妊娠糖尿病になったらどうしよう…

妊娠していて、気をつけることはいろいろとあります。
その中の一つが妊娠糖尿病です。

血液検査で、妊娠糖尿病になりそうだという申告をされてしまったら
ちょっと焦ってしまいますよね。

そうならないようにいろいろと対策をしていく必要があるわけです。
その一つが、食事療法なんですね。

そもそもなんで妊娠糖尿病になってしまうのか、という原因を知る必要もありますし。
なんとなく気づいてはいたものの、いざ妊娠糖尿病のおそれがあるかもってなると
やっぱりなんというか、ちょっと憂鬱な感じになってしまいますよね。

楽観的に考えたいんですが、お腹の赤ちゃんのことを考えると
そうそう単純でもないのかもしれません。

心配症の旦那の不安要素を一つ増やしてしまうことにも
ちょっとした罪悪感が有ります。

もともとは人よりはちょっと多めに食べる感じでは会ったことは認めます。
今はお腹の赤ちゃんのために食べていた、というつもりだったのですが、
単に自分が食べたかっただけなんですよね。実は。

対策としては、産婦人科医の先生から食事療法がいいという話を頂きました。
まずはカロリーを摂り過ぎないようにしましょう。

できれば、1日に取るカロリーを測るようにして、
それを1600 – 1800kcalにおさまるようにしましょう。

もう一つの方法としては、分割食です。
これまで1日3食だったのを、5回か6回に分けて食べる方法です。

そうすることによって血糖値が上がりにくくなるんですね。